H O M E

.

.

.

.

.

.

.

.

.

 テレビで私みたいに何事かコメントをするという、これは常識的にですね、30秒以内というのが普通です。

 

 ところで私が長年やってきました「多事争論」というのは、そういう意味ではテレビのルール違反でして、大体90秒、つまり普通の人がやっていいコメントの限界の3倍しゃべってます。

 

 ところがしゃべってる当人は、そんなに長くしゃべってるのに、いつも欲求不満なんですね。つまり自分に言いたいことが全部言えたということは、実は長年やってて、はっきり言うと一回も無かったと言っていいと思います。

 

 ですから、テレビの影響とか、テレビの説得力とかよく言うんですが、実は、やりようなんでありまして、私は説得能力のあるテレビをやってきた、という覚えは18年半、番組を続けていても、ありませんでした。

 

 こういう前置きをしていること自体が、普通のテレビではないことを、実は、まあ楽しんでいるというのも変ですけれども、今回は思い切ってこういうことをしゃべってやれ、と思ってしゃべっているわけですね。つまり、ここまでしゃべっていて随分時間使っているんですが、本題は何事もしゃべっていないんです。

 

 強いてと言いましょうか、今これだけは言いたいなと思っていることをこれから申し上げるんですが、それは、政治の世界というか、この国全体がですね、随分ガタがきているんじゃないかと、先が暗いんじゃないかという思い、自分たちの国が凋落するというか、落ちてっているんじゃないかという思いが、この世の中に広がっています。

 

 で、その広がっている中でですね、いろんなことが有りすぎるために、よくよく政治一つとっても中身が分からない、何が選択肢なのかわからないという人がいます。でも私は、そうじゃないと思いますね。

 

 病気をしまして、やや毎日毎日テレビに出るのから距離を置きました。で、遠くから眺めていると、ある意味では問題は単純なんですね、政治について申し上げれば、政治っていうのはよく言われることですが、古典的には世代の間でパイを奪い合う、つまり若い世代のために、これからの世代のためにどれくらいお金を使うか。あるいは、もう世の中のために尽くしてきた、例えば高齢者なんかのために、どれくらいお金を使うか。それの配分の争いだとよく言われております。

 

 それが政治の基本だという事ですね。じゃあ、どっちに配分を大きくしたらいいのかというのが、政治の選択肢であるはずなんですね。ところが、私たちの国の今のおかしさっていうのは何なのかというと、実はどっちにも行っていないんです。

 

 つまり未来にも投資してない。過去にも投資していない。普通の政治であれば、こっちにやるかこっちにやるか、という配分をしなければいけない。それが政治なのに、そうじゃないところに行ってるわけですね。

 

 で、私は今、病気、ガンですから、自分の体と、どう向き比べてそのことを考えてしまう、人間の体はガンに冒されますと、本来使うべき栄養とかエネルギーとかいうものが、ガンと戦うためにそっちに取られてしまうんですね、本来人間が生きていくために使うべき所に向かなくなっちゃう。

 

 ですから、この国というのは、一言でいえば「ガンにかかっている」、そういう状況だというのが、この国の状況だろうと思います。そうやってみますと、むずかしくも何ともない。起きてることは非常にはっきりしています。それに対して私たちがどうするのか何をやるのか。

 

 私の場合で言いますと、病魔と闘っているわけですが、敵はなかなかしぶといです。ですから、この国の問題だって、問題ははっきりしている。ある意味では単純である。だから、やれることは簡単かというと、そうではありません、しかし、問題はここにあるんだということは、まずはっきりしないと、何事も始まらない。その上で、それに向かって戦うのか。もうそれに負けるのか。そこが、私たちの迫られている選択肢だろうと思います。

 

 このくらいしゃべると、やや欲求不満がなくなるという。そのくらい単純な話をするのにも、時間は要るんですね。それに比べると、私は、テレビは短すぎたなといつも思います、短くしか説明できない、というテレビの恐ろしさと欠点があるということを、今離れてつくづく思います。

 

 いくらなんでも長いんで、こんなところで。

.

.

.

.

.

.

「私たちは憲法を守る 憲法が私たちを守る」愛川欽也さん最後の放送です。

 

内容 : (1) 安倍首相の集団的自衛権、自衛隊海外派遣に公明も合意 (2) 原発5基廃炉決まる しかし残りは問題山積み (3) 大企業ベア実現 中小企業はどうか

 

出演 : 森田実(政治評論家)、樋口恵子(評論家)、川内博史(前衆議院議員)

.

.

.

.

愛川欽也が受けた圧力、そして最後まで訴えた反戦への思い [ 2015.04.19 ]

.

 俳優として、司会者として、映画監督として。さまざまな顔をもった愛川欽也であったが、もうひとつ忘れてはいけないのが、彼の“平和主義者”としての側面だ。

 

 たとえば、愛川は東京都墨田区が主催する「平和メッセージ展」に21年間も出品。今年3月にも「反戦は 憲法を守ることです」という言葉を届けていた。この言葉からもわかるように、愛川は積極的に憲法改正に反対を唱えてきた。

 

「憲法を素直に読んでごらんなさいよ。これ、誰がこさえたか、最初が英文だったとか、そんなことはどうでもいいんだ。立派なもんだよ。「戦争放棄」、つまり武力でもってよその国と争うことはしないなんて言っちゃう憲法なんてね、ちょっと嬉しくない?」

「なんでも1番じゃなきゃいけないっていうのはもういいやと。オレ、日本は8番ぐらいでいいんじゃねえかと。

 でもさ、別の基準があって、「平和国家」と言えることは、すごく名誉なことだと思うんだけど、このごろの人たちは、あまり名誉だと思っていないみたいだな。

 たとえば、近隣諸国に馬鹿にされない、舐められないということが、国を守ること、愛することに、確かに通じちゃうんだね。ほんとうは、我々は戦争をしない国なんだ、ということでほかの国から尊敬されれば、それが国を愛することだと、ぼくは思うんですよ」(カタログハウス「通販生活」Webサイト掲載/2012年8月21日)

 

 本サイトでも昨日お伝えしたが、愛川の平和を願う気持ちには、自身が経験した戦争体験が根底にある。愛川は戦争を通じて得た思想をテレビ番組内でも打ち出していた。その最たるものが、1999年から司会をつづけてきた番組『愛川欽也 パックインジャーナル』である。

 

 当初、この番組はCS放送局・朝日ニュースターでスタート。そのときどきの時事問題を詳しく掘り下げ、政権や原発の批判を果敢に行うことで有名で、ジャーナリストのあいだでも「地上波での放送は無理」と言われたほど。権力をきちんとチェックし、検証しようという番組スタンスは、愛川の司会者としての矜持が強く反映されたものだった。

 

 だが同番組は、2012年3月31日をもって終了。4月7日からは愛川自身が立ち上げたインターネットメディア「kinkin.tv」で再スタートを切った。朝日ニュースター内でも人気を誇っていた番組だけに、終了時には視聴者から惜しむ声が多数寄せられたともいうが、じつはこの番組終了の裏側には、ある圧力の存在があった。

 

 というのも、朝日ニュースターは当初、テレビ朝日や朝日新聞社などが出資する「株式会社衛星チャンネル」が運営を行っており、衛星チャンネルは朝日新聞の子会社という関係だった。しかし、12年4月からはテレビ朝日が親会社となり、『パックインジャーナル』をはじめ、時事問題を扱う番組が一気に終了。いわば、政権批判など“危ないテーマ”を取り上げる番組を、テレビ朝日が一掃したのだ。

 

 いまから3年前の出来事とはいえ、現在、『報道ステーション』に押しかかっている自民党からの圧力、そしてそれらにひれ伏すかのように受け入れるテレビ朝日の態度を考えれば、これは“始まり”だったのだろう。こうしてテレビ朝日によって番組を潰されてしまった愛川は、その無念さを、このように語っている。

 

「朝日ニュースターは社長さんから始まって、スタッフのみんなも、ぼくはよく知っていましたから、「愛川さんの番組は、絶対に次が引き取るから、そのつもりでいてくださいよ」と言われて、ぼくもすっかりその気になっていたんです。当然、経営が変わっても、ぼくの番組は残るだろうと。正直言って、ギリギリまで安心していた。マイナーな局の放送ではあっても、ぼくの番組はそれだけの人気がある、と思っていたんでね。反響もすごく多かったし」

「ぼくは、創成期のころからテレビに関わってきた人間ですが、あまりテレビは観ない。残念だけど、ぼくが観たい番組がほとんどないからね。そういう目線で見ると、ぼくの番組はちょっと邪魔くせえな、と新しい経営陣に思われたのかもしれない。これはぼくの偏見かねえ」(同前)

 

 政権も原発も、きちんと真っ正面から捉えて議論しよう。それが自分の観たいテレビだから──。そんな愛川の姿勢は、ネット上の動画サイトで引き継がれることとなった。愛川は言う。

 

「ぼくは自分で言いたいことを言う、出てくれるみなさんにも言いたいことを言ってもらう。そういうスタンスでずっとやってきたわけだから、いまさらそれを変えられないですよ」

「生意気なようだけど、ぼく、変節しないんですよ。憲法とか民主主義とか戦争反対とか。譲れないでしょ? ぼくの原点だから」(同前)

 

 すでに肺がんが進行し、脊髄にまでがんが転移していたと言われる愛川。しかしそんななかでも、先月まで『パックインジャーナル』の放送をつづけてきた。先週号の「週刊文春」(文藝春秋)では、愛川が「このまま政権批判を続けていると安倍(晋三)さんに殺される」と口にしていた、という愛川の知人の証言を取り上げ、まるで認知症であると匂わせるような記事を掲載していたが、これは認知症ゆえの被害妄想でも何でもなく、愛川にとって本心の言葉だったはずだ。

 

 事実、テレビ局は自民党からの圧力に脅え、“言いたいことも言えない”空気が戦前のように充満しているのが現実だ。挙げ句、自民党は放送倫理・番組向上機構(BPO)さえも政府が関与できるように検討することを発表した。これがもし現実化すれば、あらゆるテレビ番組は政権によって監視され、都合の悪い番組を潰すことができるという“本気の言論統制下”に置かれることになる。この末恐ろしい社会を、愛川は予見していたのではないだろうか。

 

 愛川が守りつづけた『パックインジャーナル』の、最後の出演となったのは3月21日配信分。この本番前、愛川はコメンテーターの川内博史・民主党前衆議院議員にこう語っていたという。

 

「この政治状況では死んでも死にきれないよ」

 

 報道の自由、放送の自由が脅かされるなかで、またひとり、気骨のある放送人をわたしたちは失ってしまった。(水井多賀子)

.

(以上は「本と雑誌のニュースサイト/リテラ」のニュース記事『「安倍さんに殺される!」愛川欽也が受けた圧力、そして最後まで訴えた反戦への思い』より)

.

.

.

.

.

.

「これ以上の体力も気力もありません。だが今も恐ろしいことや情けないこと、恥知らずなことが連日報道されている。書きたいことや言いたいことは山ほどあるのだが、許して下さい」

.

(以上は「週刊現代」2016年7月9日号、大橋巨泉『今週の遺言・最終回』より)

.

.

.